壁紙や、デザインに模様をつけたい時に大活躍の繋ぎ目がないシームレスなパターン。自分自身でオリジナルのシームレスパターンを作りたい人も多いのではないでしょうか!
しかし、キレイに繋ぎ目なく模様が繰り返すようにパターンを作るのは、少々頭を抱えなければいけないのも事実です。なぜなら、四方の境目に位置するオブジェクトを反対側にもキレイにハマるように設計しなければいけないからです。
でも安心してください、Adobe Photoshopでオリジナルパターンを作成するのをグンッと簡単にしてくれる覚えておきたいテクニックを、このチュートリアルで大公開!
Photoshopのスクロールフィルタを使用して、かわいい田舎風イラストのシームレスパターンを一緒に作っていきましょう。

このチュートリアルで作成するパターンは、SPOON Graphicsのサイトで販売中のThe Watercolor Bundleの水彩イラストを使用していきます。イラストはランダムにパターンとして配置され、境目のない自然なシームレスパターンとして繰り返されます。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

このパターンはそれぞれ個別のイラストファイルから作成されます。このように、Photoshopで多くのファイルを別々のレイヤーとして、一度に一つのドキュメントで開きたい場合、[ファイル]>[スクリプト]>[ファイルをレイヤーとして読み込み]を活用しましょう。このPhotoshopのスクリプトは、いくつかの作業を自動化してくれる便利な機能の一つです。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

[スクリプト]>[参照]メニューから、パターン内で使用するイラストの範囲を選択します。 [自動整列]オプションがチェックされていないことを確認してください。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

オリジナルのイラスト画像はかなり大きいので、[イメージ]>[画像解像度]メニューで寸法を小さくして、サイズを調節しましょう。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

[イメージ]>[カンバスサイズ]に移動し、全てのイラストが構成できるくらいの大きな作業スペースを作成します。具体的な数値は、この作成するパターンの用途と、必要なパターンの大きさなど場合によって異なるので、好みのサイズに設定してください。注意して欲しいのが、サイズを小さくすることは、品質を損なわずいつでもできますが、ラスター画像を大きくすることは避けましょう。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

パターンの背景色を選択してから、新しいレイヤーを追加し、ショートカットキー(Alt/Option + Delete/Backspace)を使用して塗りつぶします。この背景色レイヤーは一番下に移動します。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

各イラストをカンバス内の好みのスペースに配置させます。この時、それぞれのイラストがドキュメントの端を超えないように、カンバス内に収めるようにしましょう。左上のツールバーにある移動ツールの自動選択オプションをオンにすると、イラストをカンバス上でクリックするだけで簡単に選択できます。(レイヤーパネルでいちいち選択する手間が省けます。また、自動選択オプションをオフの場合でも、Command/Controlキーを押しながら移動ツールを使用することでオンとして機能させることができますよ!)

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

ショートカットキー(Command/Control + T)で、イラストの各サイズを変更します。完成パターンをイメージしながら、イラストを配置していきます。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

ある程度好みの位置に配置できたら、ショートカットキー(Command/Control + Option/Alt + Shift + E)で、新しいレイヤーにドキュメントのスナップショットを作成します。もしくは、Option/Altキーを押しながら[レイヤー]>[表示レイヤーを結合]メニューをクリックする方法でも同じことができます。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

現段階だと、すべてのイラストはカンバスの中央に位置しています。 [フィルタ]>[その他]>[スクロール]に移動し、水平方向と垂直方向の値を変更してイラストを四方に広げます。カンバスの枠を超えるイラストは、反対側に超えた分だけ再表示されるので、エンドレスに繰り返されるパターンの土台が作成されます。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

元々ドキュメントの端のあった隙間が、スクロールの動作によって、中央を通過する十字のように表示されるようになりました。この隙間を埋めていきましょう。
スナップショットレイヤーの下にある各イラストレイヤーから、好みのイラストレイヤーを一番上に移動します。前の行程と同じく、Command + Tでサイズを変更し、右クリック[水平方向に反転]で、オブジェクトに不規則性を待たせましょう。そうすることでより複雑かつ自然なパターンに仕上げることができます。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

各イラストが、ドキュメント全体に満遍なく埋められるまで、コピー&ペースト、サイズ・向き変更の調整を繰り返します。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

[編集]>[パターンを定義]に移動して、パターンライブラリに保存されるPhotoshopパターンファイルを作成します。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

レイヤーパネルの一番上に新しいレイヤーを追加し、白で塗りつぶします。レイヤースタイルを使用して、新しく作成/保存したパターンをテストしてみましょう。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

そのテストレイヤーをダブルクリックして、パターンオーバーレイを適用し、ライブラリから新しく作成したパターンを選択します。比率が100%の場合、パターンは作成した元のドキュメントと同じサイズになるため、比率を小さくして、パターンがシームレスに繰り返されるか確認します。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

ズレがなくシームレスにパターンが繰り返される場合、オリジナルのシームレスパターンの完成です!Photoshopのパターンライブラリに保存されているので、塗りつぶしツールまたはパターンオーバーレイとして様々なシーンで使用することができるようになりました。
Photoshopのスクロールフィルタを使用すると、イラストがカンバスの枠を超えたときに自動的に反対側に複製されるため、シームレスなパターンタイルを簡単に作成できます。レイアウトの残りの隙間を埋めるだけで、ズレのない自然なパターンとして繰り返されます。

【フォトショ】シームレスなパターンの作り方

こちらの記事は、『How to Create Repeating Patterns in Adobe Photoshop』を翻訳したものになります。
オリジナルの記事を見る