今回のPhotoshopチュートリアルでは、ネバーランドのような架空の物語のように、あなただけのファンタジーの世界を作り上げていきましょう!
Adobe Photoshop備え付けのツールを駆使して大陸と海を形成し、いくつかのシンプルなフィルターを組み合わせて丘、山、砂漠を構築していきます。最後に、ヴィンテージの紙のテクスチャーと、オリジナルの名前を配置して、ファンタジー世界の地図をよりリアルに仕上げます。

ここで作成するファンタジー世界の地図は、ストーリーのアートワークやゲーム、ユニークなパーティーの招待状にぴったり!地形や風景はほぼランダムに形成されるため、制作のプロセスの中で自分だけの架空の世界がどんどん構築されていくのを目の当たりにするのは、ワクワクする瞬間の一つです。
同じ手順で、ぜひたくさんのオリジナルの新世界を創造してみてはいかがでしょう?

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

Adobe Photoshopで新しいドキュメントを作成するところから始めます。ここでは、3000 x 3000 pixelのカンバスを使用していますが、マップは任意のサイズでも作成できます。新しいレイヤーを追加し、メニューバーの[フィルタ]>[描画]>[雲模様1]で塗りつぶします。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

レイヤーパネルより2階調化レイヤーを追加します。これにより、雲が明確に認識された形状に変換されます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

雲レイヤーをもう一度選択し、その上に新しいレイヤーを追加します。先端の硬さを低く設定したブラシツールを使用して白の領域を塗って隙間を埋め、大陸を形成していきます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

Xキーを使用して選択色を入れ替え(背面色の黒へ切り替わります)、輪郭を黒でペイントすることで、効果的に海を形成することができます。大陸の周りの白い小さな孤立した部分を残すと海に浮かぶ小島が形成され、大陸内の黒の領域は湖のように使えます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

[チャンネル]パネルを開き、CMDキー(またはWindowsではCTRLキー)を押したまま、RGBレイヤーのサムネイルをクリックして選択内容を読み込みます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

レイヤーパネルに戻り、新しいレイヤーを追加して、#92985Dなどのアースグリーンの色で選択範囲を塗りつぶします。 CMD + Dを押して選択を解除します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

古い紙の色を表すために#E3E2C8のような値を使用して、背景レイヤーにも新しい塗りつぶしを与えます。土地を形成した元のレイヤーをグループ化し、不要になったときに非表示にします。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

新しいレイヤーを追加し、海を表す#83AAB1の青で塗りつぶします。このレイヤーにレイヤーマスクを適用してから、ブラシツールを選択します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

ブラシの不透明度の設定を約30%に下げてから、土地の輪郭に沿ってドキュメントの端を黒で軽くペイントして、海をフェードアウトします。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

前面色と背景色を白黒にリセットします。新しいレイヤーを追加し、[フィルタ]>[描画]>[雲模様1]に移動してから、[フィルタ]>[描画]>[雲模様2]に移動します。このレイヤーのブレンドモードをソフトライトに設定し、不透明度を約50%に下げます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

この雲のレイヤーにレイヤーマスクを適用し、ブラシツールを使用してテクスチャーをフェードアウトし、特に海岸の周りに浅瀬を形成します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

別のレイヤーを追加し、雲模様1フィルターと雲模様2フィルターを再度適用します。今回は、[フィルタ]>[表現手法]>[エンボス]に移動します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

設定を高さ約10px、値100%に構成します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

このエンボステクスチャレイヤーをソフトライトに設定して、海に波を追加します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

大陸レイヤーをダブルクリックして、レイヤースタイルを追加します。インナーグロウから始めます。デフォルト値にリセットしてから、ブレンドモードをソフトライトに、チョークを0に、サイズを30pxに設定し、不透明度を約25%に下げます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

アウターグロウを追加し、設定を#80D4FFの色相、50pxのサイズ、35%の不透明度に構成して、海岸の周りの海が浅く見えるようにします。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

同じ雲模様2エフェクトを使用して、土地にテクスチャリングを適用してみましょう。新しいレイヤーにフィルターを適用します。 CMD + Fショートカットを使用して、さまざまな雲の形成を再生成し、結果をさらにランダム化できます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

このレイヤーのブレンドモードをソフトライトに設定し、不透明度を50%に下げます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

CMDキーを押しながら、土地レイヤーのサムネイルをクリックして、選択範囲を読み込みます。レイヤーマスクを適用してこの選択を使用し、海域からテクスチャーを効果的に消去します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

ブラシツールを使用してマスク内をペイントし、特定の領域のテクスチャーの目立ちを減らして、土地をより平坦に見せます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

雲模様1フィルターと雲模様2フィルターを使用して別の新しいレイヤーを追加します。今回は、[選択]>[色の範囲]に移動します。 Shadowsを選択し、Fuzzinessを100%に、Rangeを0に設定します。Backspaceキーを使用してこの領域を削除します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

CMD +土地レイヤーをクリックして選択範囲を再度読み込み、[選択]>[反転]に移動します。 Backspaceキーを押して、土地領域を超えた雲を削除します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

[フィルタ]>[表現手法]>[エンボス]に移動します。高さの値を3pxに減らしますが、量を500%に最大化して、世界中に山脈を生成します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

山をどの程度山にしたいかに応じて、山レイヤーのブレンドモードをハードライトまたはリニアライトに変更します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

山のレイヤーをダブルクリックして、カラーオーバーレイを追加します。ブレンドモードを白のソフトライトに設定し、不透明度を40%に下げます。この白いオーバーレイは、雪をかぶった山の外観を与えます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

雲模様フィルターと雲模様2フィルターを使用して別の新しいレイヤーを追加します。もう一度[選択]>[色の範囲]メニューを使用して、同じ値で選択します。雲の背景を削除するには、Backspaceキーを押します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

選択を逆にして、余分な部分を削除し、土地領域にのみ雲を残します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

[フィルタ]>[表現手法]>[エンボス]効果を再度適用します。今回は、高さ3pxで量を100%に設定します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

このレイヤーのブレンドモードをリニアライトに変更して、風景に地形効果を追加します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

新しいレイヤーを追加し、土地レイヤーの上の位置にドラッグします。 Altキーを押しながらレイヤー間をクリックして、クリッピングマスクを作成します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

#CAB88Fの砂茶色でブラシツールを設定します。土地をペイントして、ビーチや砂漠を形成します。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

前景色を白に変更し、雪の多い場所にペイントします。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

古いマップの外観をさらに作成するには、古い紙のテクスチャをオーバーレイします。ここでは、ブレンドモードを乗算に設定し、不透明度を80%に下げた、「Vintage Paper Book Cover Bundle」の素材を使用しています。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

最後の仕上げとして、架空の地図にいくつかのラベルを追加できます。ここではTrattatelloというフォントを使用しました。海の上のラベルには明るい色合いを使用し、陸上のラベルには暗いアースカラーを使用すると、それらが溶け込むのに役立ちます。

【フォトショ】ファンタジー世界の地図の作り方

こちらの記事は、『How to Create a Fantasy Map of Your Own Fictional World』を翻訳したものになります。
オリジナルの記事を見る